圧縮圧力の研究

エンジンでは圧縮圧力がパワーを決める重要な要素であることはよく知られています。

高いとトルクが出て、伸びきりが悪化します。高すぎるとピストンに穴があいたり

プラグが溶けたりします。

低い場合は、トルクが不足したりします。

丁度いいところを探すわけですが、圧縮測定する場合にクランクの回転速度で

圧縮圧力が変化しますので回転数と圧力を調べてみました。

 

                        回転数

  380 510 720 980 1470 2050
N8ノーマル 4.6 5.3 6.2 7 8 8.8
N8サンプル 4.6 5.2 6.1 7    
N5ノーマル 7 7.7 8.4 9.2 9.4  
CRM80 穴明 5.6 6.6 8 9.5 10.6 11
やまっち 磨耗 4.5 4.8 5.5 6.2    
CR80ノーマル 8.2 8.7 9.6 10    圧力

NSR80では回転数による変動が大きいことが判ります。

これはリングの合口から圧力が漏れている為です。

 

水色のラインのCRM80穴明は、ピストンに穴があいています。

セッティングによっては穴があかないときも有ったようなので、1470回転で9K〜10Kくらいで

あればピストン穴明きは解消すると思われます。

ピンクのN8サンプルはロードコース用に作成したサンプルシリンダーです。

カートコースでの試乗では低速が全く無いので大変乗りにくい感じです。

パワーバンドでは抜群の伸びと、力はありました。よって1470回転で8Kでは低く

11Kでは高いと推測しています。

ちなみにサービスマニュアルではN5・N8とも400回転で11kと書いてあります。

*実際なったことも見たことも有りません・・・?

また色々(ボアアップなど)調べて見たいと思います。

 

圧縮低いと黒い

高すぎはかさかさで穴があきました

2007/5/18

 

さらに追加で調べています。

筑波用のサンプルシリンダーを用意してさらに計測してみました。

  380 510 720 980 1470 2050
N8ノーマル 4.6 5.3 6.2 7 8 8.8
カメ93 6.8 6.9 7.2 7.8 8.6 9
ヘッド7cc・ベース0.5mm 7.8 8.3 9.6 10.5 11  
ヘッド7cc・ベース1.5mm 5 5.1 5.7 6.4 7  
ヘッド6cc・ベース1.5mm 5.6 6.2 6.9 7.8 8.4 9.2
ヘッド7cc・ベース1mm 6.1 7 7.8 8.6 9.4 9.8

黄色のヘッド7cc・ベース0.5mmではピストンの穴明きが予想されます。

0.5mmベースを増やすと大きく圧縮が下がりますのでまず大丈夫そうです。

測定回転数が違うと数値が大きく変るので圧縮いくつ?の議論は難しいですね。

6/6